【重要】ルーレットで負けたくない or 少しでもお小遣いを増やしたい方は必見!

ルーレットとハイファンタジー小説が趣味の当サイトの管理人「たまがく」からルーレット攻略法を完全無料で手に入れるチャンス!

 

7回目の法則+マーチンゲール法を使った攻略法をご存知ですか?

今はマカオやラスベガスなどの本場のカジノ(ランドカジノ)だけでなく、インターネットでいつでも楽しめるオンラインカジノもたくさんあります。

雰囲気やディーラーとの駆け引きを楽しむのであればランドカジノがオススメですし、淡々と資金を増やしていくルーレット投資をしたいのであれば、オンラインカジノが適していると言えます。

なぜかというと、オンラインカジノは雰囲気に飲まれずに、どのタイミングでもゲームを中断して、冷静になる時間を取ることが出来るからです。

ランドカジノだとなかなか冷静になりにくい環境ですからね。

ルーレットを投資と考えて資金を増やしていくには、マインドコントロールが何よりも大切ですから。

そして、ゲームをプレイする上でオンラインカジノならではの良さもあります。

それは、空回し(フリースピン)がある点です。

空回し(フリースピン)とアニメーション短縮

空回しはチップを賭けずにルーレットを回転させることです。
すべてのオンラインカジノではありませんが、一部空回しを使えるルーレットがあり、お金を賭けずに出目を見ることができるので、自分の好きなタイミングでBetすることができるのがメリットです。

さらにアニメーションも短縮(OFF)にすれば、1分間に60回分の出目を確認することができます。

ランドカジノなら1分間で見られる出目はせいぜい1回なので、60倍のスピードで出目が確認できるということです。

マーチンゲール法などの各種マネーシステムを利用してプレイするときに、問題となるのがゲームのベットリミット(上限値)でしょう。

どんなに資金を持っていてもゲームのベットリミットに達してしまうと、それ以上の金額を賭けることが出来なくなるからです。

なので、すでに試したい攻略法が数回続いた段階でベットシステムをスタートさせれば、それだけリスクを軽減することができるのです。

(例)マーチンゲール
黒が数回連続で出た後からマーチンゲールを使い始めるなど

さらに、ルーレットの出目には浮き沈みの「波」があり、タイミング次第で一気に資金を失うことにもなるし、ドーンと資金を増やすことも可能です。

確率的にはどの数字も37分の1の確率で出るはずですが、実際は3回連続で同じ数字が出ることもあれば、200回くらいある特定の数字が出ないこともあります。

これがルーレットの「波」であり、多くのプレイヤーが資金を失ってしまう理由とも言えます。

少し根気が必要ですが、このオンラインカジノならではの空回しとアニメーション短縮を利用すれば、〝7回目の法則″で資金を増やすこともできます。

7回目の法則+マーチンゲール法

7回目の法則とは、確率・統計理論を基礎として研究された攻略法で、「いくら同じ目が続いたとしても確率的に、2分の1が7回以上続くことはまずないだろう」というものです。

2分の1の確率とは0を除いた場合、「赤と黒、奇数と偶数、1~18と19~36」のそれぞれどちらかにBetした場合です。

(例)6回連続で赤が出たら7回目から黒を賭ける

2倍オッズの賭け方は3種類あります。
◆赤黒賭け(レッドブラック:Red Black)
◆奇数偶数賭け(オッドイーブン:Odd Even)
◆前半後半賭け(ハイロー:Hi Low)

この7回目の法則にマーチンゲール法を組み合わせれば、勝率は上がりますが負けたときは一気に資金を持っていかれるので多用は禁物です。

1ドルスタートでもマーチンゲールで7回連続失敗すると、失う資金は127ドルになりますからね( ゚Д゚)

ルーレット投資だけに限らず、数ある投資でもっとも大切なことの1つは、利益をどれだけ得られるかではなく、損失をどれだけ抑えることが出来るかということだからです。

ちなみに、空回しとアニメーション短縮ができるのは3Dルーレットなどがそうです。
3Dルーレットはワイルドジャングルカジノでプレイすることができます。

ワイルドジャングルカジノの記事はこちらから。

→ワイルドジャングルカジノがルーレットに適している3つの理由とは?


ワイルドジャングルカジノの公式サイト

〝7回目の法則+マーチンゲール法″よりも圧倒的にリスクが少なく資金を増やせる攻略法は「二刀流みだれうち」になります。

→当サイト推奨の【1日15分】二刀流みだれうちとは?の記事はこちら

当サイトで最も人気の記事はこちらから。

→ルーレットの必勝法は賭け方ではなく考え方!法則を意識する!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする