【重要】ルーレットで負けたくない or 少しでもお小遣いを増やしたい方は必見!

ルーレットとハイファンタジー小説が趣味の当サイトの管理人「たまがく」からルーレット攻略法を完全無料で手に入れるチャンス!

 

カジノのルーレットの勝ち方を探してる?それならこれを知っておかないと!

ルーレットの攻略法や必勝法に絶対的な方法はありませんが、実際に高確率で勝てる方法は存在します。(高確率であって絶対じゃないよ)

私がYahoo!で「ルーレット 攻略法」などで検索して、いろいろと探していると面白い攻略法があったので紹介します。

実際に月60万円を稼いでいるという攻略法みたいです。
月60万円は激熱ですね。せっかくなので試してみました。

また、この攻略法は誰にでも伝えてOKと言うことなので、今回の記事にしてみました。

ルーレットの攻略法「一攫千金バージョン」とは?

まず攻略法の名前ですが「一攫千金バージョン」です。
むむむ、ちょっぴり怪しい名前の攻略法ですね。

私が確認したときのサイトには、このような情報が書いてありました。
(多少、読みやすくするために言い回しを変えています)

一攫千金バージョンは1日30分程度のパソコンで簡単に実現できます。
あなたは、この一攫千金バージョンによって人生が激変するでしょう。

この「一攫千金バージョン」は3年半のデータ蓄積から導き出した、最も効率良く稼いでいる方法です。

実践もしていないのに「儲けました」という無責任な情報ではありません。

この方法で過去最高、1晩で220000ドル勝ちました。日本円にすれば、約22,000,000円です。そのときは、1ベット3000ドルでプレイしていました。今思うと、かなりクレイジーですね。

また、オンラインカジノもギャンブルですから、欲を出すと、絶対負けますことをご承知ください。あまり、熱くならないように、ハマリ過ぎない様、ご注意下さい。

また、この方法によりあなたに損害が発生しても当方は一切の責任を負いません。あなたの責任でお願いします。

1夜にして2000万円以上を稼ぎ出すとは、とんでもなく期待が持てる攻略法ですね。

しかし1Betが30万円とはふるえますな!!

( ゚Д゚)

さすがに2000万円とは言わなくても10万円くらいを稼ぐことができたら大成功ではないでしょうか?

では、一攫千金バージョンのことを詳しくみていきましょう。

一攫千金バージョンの具体的な戦略

一攫千金バージョンはあるプレイヤーが一晩で80万円以上を勝った時の記録を綿密に調べった結果から編み出された戦略みたいです。

プレイヤーいわく、
「自分では理解していない方法を、気づかずに実践していた」ということらしい。

そして、勝った記録を分析していくと、同じパターンが一定の周期で起きていることを突き止めたのです。

この攻略法は、言わばパターンを解析していく、理論的な分析法と言えます。

一攫千金バージョンで狙うのは「ストレート」です。
ストレートは1つの数字にBetして、的中したときには36倍という高配当の賭け方です。

そして一攫千金バージョンでは、36倍配当のストレートベットしか狙いません。

まあ、私的にも最も効率が良いのはストレートだと考えています。
なぜなら、同額を賭け続けたと仮定すると赤黒の2倍配当が36連続的中して、ようやくストレートが1回的中したのと同じ配当になるから。

ポイントは、

「ルーレット上で数字を選んで、それを含む隣接する数字にベットする」

と、言うことだそうです。

ん?どういうことだ?
と、思ったあなた。安心してください。

私も最初は???になりました。

「隣接する数字を連続して使う」の意味とは?

そもそも「隣接する数字」とは何を示すのかというと、

①ルーレット盤
②ベットテーブル
③結果表示ウィンドウ

この3か所を見たときに、ある一定のパターンで出現する数字が出た場合の「隣接している数字」を示すのだそうです。

一攫千金バージョンの具体的な実践法

一攫千金バージョンの具体的な実践方法の流れはこのようになります。

1)一定のパターンの数字が出るまで空回しを行う
2)パターンを見つけたら①ルーレット盤②ベットテーブル③結果表示ウィンドウのどれに当てはまるかを分析する
3)パターンがわかったら隣接する数字にBetする

まず、3分ほど空回しをして記録をつけていくと、出目に偏りがあり、よく出ている数字とあまり出ていない数字があることがわかります。

→空回しができるオンラインカジノについての記事はこちら

そのときに、数字の出目がどんなパターンで繰り返し出ているのかを確認して下さい。

①ルーレット盤
→ルーレット盤の一方に偏って数字が出ているパターン
(例)0、32、26、15、19、3、35というような出目の場合

②ベットテーブル
→ベットテーブルの一方に偏って数字が出ているパターン
(例)32、35、29、36、32、34、32というような出目の場合

③結果表示ウィンドウ
→結果表示ウィンドウを見たときに連続して同じ数字が出ているパターン
(例)5、18、17、2、5、18、5というような出目の場合

3つのパターンのうち、どのパターンになっているかを分析して、パターンが判明したら、隣接する数字にBetします。

1つのパターンを見つけて賭ける時の注意点は、

1)1回のBetで賭ける数字は最大6つまで
2)1回のBetでの掛け金合計は総資金の5%まで
3)1つのパターンを追うのは最大3回まで

ということをルールに決めておくことです。

ちなみに、「どのパターンなのかハッキリ分からない」場合はスルーしましょう。
パターン分析は、悩んだら勝負しない。

これが鉄の掟です。

実際に一攫千金バージョンを試してみた!

実際に一攫千金バージョンを試してみました。

結論から言うと、一攫千金バージョンは使える攻略法だと言えます。

数字を全部メモする必要はありますが(私はExcelに入力していきました)、確かに3つのパターンのどれかに入っていると判断したときにBetすれば的中しました。

数をこなしてパターンを見つけるのがうまくなれば、一攫千金バージョンの攻略法を見つけた方のように大勝できる可能性を秘めた攻略法だと言えます。

一度、試してみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする